いどばた日記

一人で井戸端会議?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

世界は広い

こんなにネットワークが発達してるのに。
そんな人たちがまだまだたくさんいるんだねえ...

外部接触のない部族の集落、アマゾンで撮影に成功 ブラジル

リオデジャネイロ──南米ブラジルのアマゾンで、外部社会との接触がまったくない部族の集落を撮影することに、ブラジル国立インディアン・ファンデーションが成功、写真を5月29日にウェブサイトで公開した。

外部との接触を持たない部族の集落の写真

部族の集落が見つかったのは、ブラジル西部のペルー国境に近い、エンビラ川沿いの熱帯雨林地域。小型機で4月28日から5月2日にかけ、同地域を20時間飛行した際に撮影した。写真には、住居や飛行機に向けて矢を構える先住民の姿が写っている。
写真の人々は戦士のようで、健康で力強い様子だった。

飛行機を見上げる先住民族の写真

世界には現在、外部社会と接触を持たない部族が、100以上あると考えられている。その半数以上が、ブラジルとペルーのアマゾン地域で暮らしているとされる。
先住民族の権利を守る運動を続けるNPO団体によると、ペルー側に暮らしている部族は、森林の違法伐採により、ブラジル側への移動を強いられており、ブラジル側の部族との衝突が懸念されるという。
NPOのスティーブン・コリーさんは、「この写真は、外部社会との接触を持たない部族が、本当に存在することを示す証拠だ。今こそ、国際的な法に則って彼らの領土を守ることが必要だ。そうでなければ、こういった部族は消滅してしまう」と話している。


写真を見て驚いた。

だって。。。

人が赤い!んだもん。


彼らは、文明社会の存在を知っていて、あえて接触を持たずにいるのか、それさえ知らずにいるのか、どっちなんだろう?


その部落にいる限り、平和でいられるなら、わざわざ接触を試みずに、そっとしておいてあげたい気もする。

そうやってひっそり生活していても、地球温暖化や森林伐採なんていう、まったくの無関係な出来事によって、生活が脅かされる。


地球の中に、全くの安全な場所はない、のかなあ???


↓お帰りになる前にどうかひとつ!ワンクリックお願いします


*****お薦め情報!*****
花束「イエローローズ」 【父の日】


アレンジメント「クラッセ」 【父の日】


ボックスフラワー「カサブランカ」 【父の日】


「箱田んぼ」【父の日】


「デラウエア」 【父の日】
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://happinessliving.blog19.fc2.com/tb.php/750-34a4db2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

管理人系リンク

 ☆ name : chocho
 ☆ 本家サイト
  happinesslife

 ☆ お店やさん
  はぴらいず しょっぷ

 ☆ 別棟ブログ
  はっぴぃ☆らいふ
 ☆ 別館ブログ
  あのね

クリック募金

あなたに代わって
企業がNPO団体に
寄付します

お勧めのWebShop

メンテフリー特集3_雑貨系




カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ検索

最近の記事

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

お気に入り系リンク

このブログをリンクに追加する

コメントThanks!!

トラックバックThanks!!

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。