いどばた日記

一人で井戸端会議?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

自由に使える読書感想文

夏休みが始まった。

夏休みと言えば宿題。
読書感想文を片付けるのは割に嫌じゃなかったタイプなんで、その頃にこんなツールがあっても利用しなかったとは思うが。

こういうサイト。
立ち上げる意図がよー分からん。。。

大学生から小学生まで 「ネットでコピペ病」蔓延

ネットでコピペ(コピー&ペーストの略)と言えば、大学生のレポートが話題になっている。ところが、なんと小学生の読書感想文にまでコピペが広がりつつあるというのだ。はたして、防ぎ手があるのか。
「読書感想文をさっさと片付けて」というコピペサイト「自由に使える読書感想文~読書感想文をさっさと片付けて、夏休みをエンジョイしよう!!」

キーワードでネット検索すると、こんな衝撃的なサイトが出てくる。このサイトでは、小中学生を対象に「パクリ・コピペOK」という感想文の見本がズラリと並ぶ。例えば、太宰治の小説「走れメロス」については、原稿用紙3~5枚の「オリジナル文」が。いずれも「わたしには親友という言葉で呼ぶにふさわしい友人がいました…」と書き出し、借金を被った親友の父親を引き合いに出して、小説の言う、人を信じることとは何かを自問するなどしている。

サイトでは、ばれても責任は負わないという。同様なサイトは、いくつか見つかった。しかし、こんなサイトを利用する小中学生は、本当にいるのか。

日本経済新聞の2008年7月11日付夕刊記事によると、07年秋の読書感想文全国コンクールで、小学校高学年の児童によるコピペが発覚した。どのサイトか書かれていないが、あるホームページ掲載の他人の感想文と酷似していることに審査員が気づいたのだという。これが事実なら、コピペは今や小学生にも拡大しているということらしい。

(…後略)



自分の言葉で自分の意見をまとめるっていう大切な意味のある宿題だと思うのだが。
大人が考えた文章を引用してそれでその子の為になるのか?

大体。。。
読書感想文ってのは「さっさと片付ける」類いの課題じゃあないだろうに。。。

何でもかんでも人の手を借りるなというわけじゃあないが。

まったく自分で何一つ創意工夫も思考もせずに片付ける宿題っていうのは。
将来的に。
言われたことを言われたままにしかできない社会人を生み出すんちゃうの?

こういうのは、有害サイトとしては取り締まれないだろうが。
利用する子供がいなければ成り立つまい。

こんなサイトがなくなる日が早く来ることを祈りたい...


↓お帰りになる前にどうかひとつ!ワンクリックお願いします


*****お薦め情報!*****
エアコン嫌いな人にはやっぱり扇風機。デザインにこだわった風はいかが?
All About スタイルストア

場所を選ばずアロマを楽しめるディフューザー


省スペースに収納可能!シーツが7枚も干せる室内物干し


人気NO.1 携帯するのが嬉しいウエストポーチ


浴室で使えるコンパクトなMP3プレーヤー


お風呂の皮脂汚れを吸い取る魔法のボール


灯りと過ごす夏の夕べ「OXO」キャンデラシリーズ
All About スタイルストア
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://happinessliving.blog19.fc2.com/tb.php/777-8b9f1d4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

管理人系リンク

 ☆ name : chocho
 ☆ 本家サイト
  happinesslife

 ☆ お店やさん
  はぴらいず しょっぷ

 ☆ 別棟ブログ
  はっぴぃ☆らいふ
 ☆ 別館ブログ
  あのね

クリック募金

あなたに代わって
企業がNPO団体に
寄付します

お勧めのWebShop

メンテフリー特集3_雑貨系




カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ検索

最近の記事

月別アーカイブ

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

お気に入り系リンク

このブログをリンクに追加する

コメントThanks!!

トラックバックThanks!!

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。